5月に入りまして、新緑も眩しいゴールデンウィークになりました。

そんな中、3日には毎年恒例の『遠野さくらまつり』が行われました。

『遠野さくらまつり』とは、今から400年程前、遠野へ国替えとなった八戸南部氏22代の直義公が八戸から遠野へ入部した様子を再現した南部氏入部行列がメインで行われます。

今年も、藩主役を本田敏秋遠野市長が、藩主の家老役に八戸新田城まつり運営委員会理事山村久敏氏が務められました。

馬の里からは白雪号が藩主を、キャンディ号が藩主家老を乗せて練歩きました。

出発前!!スタッフも衣装に着替えてお殿様をお城までお付添いします。

市民の方々も役がぞれぞれにあり、一緒にお城へと向かいます。


白雪かっこいいッ☆

本田市長もかっこいいっ☆


キャンディも颯爽と歩いております。

馬の後ろには『ボロ(お馬さんのうんち)取り奉行』なる役職も付いて行きます!!笑


遠野駅前ではSL銀河の到着に合わせてお客様に行列が見れるようになっておりました。



晴れやかな青空で行列日和の1日でした(*^_^*)


昔の方はこうやって人の足で遠くから歩いて移動したのだなと思うと本当に感心してしまいます。

車に慣れてしまってちょっとやそっとの距離でついつい自動車を使ってしまう自分がちょっと情けなく感じてしまいました・・・(;一_一)


次回もゴールデンウィーク特集になります!!